2022年9月1日~9月30日のトラリピ運用実績です。
2209_unyou-1
2209_unyou-2
今月は約30万円の実現損益が積み上がりました。
絶好調です。
約12万円のスワップを支払っているのにここまでの実現損益が積み上がるというのはかなりのものです。

ただ、現在約640万円の含み損を抱えています。
各通貨ペアの合計損益は、AUD/NZDとCAD/JPYを除き真っ赤っかです。
今月は一時700万円を超える含み損を抱えたタイミングもありました。
相場の動きによっては、来月は1,000万円を超える含み損を抱える可能性もあるのではないかと覚悟しています。

実現損益期待値(全運用)は、9月は225,445円、8月は210,871円なので、1か月で14,574円上がりました。
2209_kitaichi-1
2209_kitaichi-2
2209_kitaichi-3
しばらくの間、実現損益期待値は毎月ダラダラ低下していくと思っていたのですが、まさかの上昇。
今月は好調過ぎたので、さすがに来月からはダラダラ低下していくと思われます。

合計損益は-100万円から-300万円に叩き落されたあと、-250万円くらいの位置で停滞している感じです。
合計損益がプラスになるのは、早くても年末、遅ければ来年といった感じになるのではないかと想像しています。
ロスカットされずに実現損益を積み重ねることのみが大切なので、合計損益がプラスになるのは急ぎません。
2209_goukei
今月は受渡前損益から預託証拠金への移動が遅い通貨ペア(CAD/JPY)がありました。
ここのところ受渡前損益から預託証拠金への移動が遅かったり早かったりする通貨ペアが毎月あるので、ちょっと集計が面倒です。

損益の推移
2209_soneki-1
円安リスクヘッジの終了で生じた損失をこの1か月でかなり取り戻し、今月は実現損益が400万円を超えました。
来月も大相場が続くのであれば、来月は円安リスクヘッジの終了で生じた損失を取り戻して、さらにお釣りがきそうです。
来月は1,000万円を超える含み損を抱えるかも知れないというのに、大相場では新規注文も決済注文も大量に成立するので楽しいです。
放っておくとロスカットされかねないので、相場が大きく動いたときには再試算をして対応を考えなければなりませんが。
2209_soneki-2

2022年9月末の口座状況
2209_kouza

2022年9月末の注文状況
220801_order
現在、米ドル高、円安、NZドル安、英ポンド安が同時に起こっているため
  • EUR/GBP:0.9310~0.9500英ポンドの売り注文(20本)
  • AUD/JPY:101.1~110.0円の売り注文(90本)
  • NZD/JPY:93.1~95.0円の売り注文(20本)
  • NZD/USD:0.5005~0.5600米ドルの買い注文(120本)
  • CAD/JPY:112.1~120.0円の売り注文(80本)
  • USD/CAD:1.4110~1.4500加ドルの売り注文(40本)
の注文を取り消しています。
価格が設定レンジ端に近づいたときは、そのときの相場を踏まえて再試算を行い、取り消している注文を可能な限り復活させることを基本方針としていますが、現在NZD/USDはレンジアウトしています。

トラリピさん、来月もよろしくお願いしま~す。