いま、2021年5月8日にリリース予定のユーロ/英ポンド(EUR/GBP)を注文する準備を進めています。

リーマンショック時の必要資金が最低限必要な資金だと考えているので、それをターゲットに試算をしています。

月足のヒストリカルデータで試算をすると、2008年10月の15,451,704円がリーマンショック時の最大必要資金であることが分かりました。
210428-1
210428-2
あれ?
感覚的にちょっと多過ぎる。

月足のヒストリカルデータで試算した場合、各通貨ペアの当月最大必要資金が合算された形で算出されます。
各通貨ペアが同時に最大値に達することはないので、この金額は実際よりも大きな金額になります。
運用資金のほかに運用に充てない資金を用意したいと思っているので、算出した最大必要資金に大きな誤差があると作戦が立てにくくなってしまいます。

……。
日足で試算してみるか~。

日足のヒストリカルデータで試算をすると、2008年10月24日の11,749,547円が当月の最大必要資金であることが分かりました。
210428-3
210428-4
ただ、11,749,547円がリーマンショック時の最大必要資金であるかどうかはまだ分かりません。
2008年9月と2009年4月は、月足で試算した結果が1,000万円を切っているので、日足試算の対象外と考えて問題なさそうです。
しかし、2008年11月~2009年3月の中には、11,749,547円を超える日があるかも知れません。

……。
今年のゴールデンウィークは外出できないことだし、日足のヒストリカルデータで残りの5か月分も試算してみるか~。
一度試算表を作ってしまえば、次に注文を追加するときにも使えるし。

それにしても、月足で算出した最大必要資金が15,451,704円、日足で算出した最大必要資金が11,749,547円というのは差が大き過ぎます。
月足で算出した最大必要資金を運用資金とすれば余裕をもった運用ができますが、月足と日足の差は月によってまちまちなので、どれくらいの余裕があるのかは分かりません。

こういう試算をするときは、月足ではなく日足を使わないと厳しそうです。

今回使用したヒストリカルデータ
  • 月足
    EUR/GBP以外:マネースクエア提供
    EUR/GBP:Investing.com提供
  • 日足
    AUD/NZD、EUR/GBP以外:マネースクエア提供
    AUD/NZD、EUR/GBP:Investing.com提供