最近、ZAR/JPYとMXN/JPYの運用を終了する人が増えてきました。
新興国通貨は、長期的には円高で決定と言われ、トラリピには向かないとも言われています。
少し価格が持ち直してきたこのタイミングで運用を終了する人が増えたのは、当然の流れだと思います。

ただ、個人的にMXN/JPYはいずれ6.0円を超えるのではないかと思っているので、当面運用を終了するつもりはありません。
レンジ相場になっていない可能性が高く、3.0円に近付く恐れもある通貨ペアではありますが、MXN/JPYの運用は楽しいのでしばらく続ける予定です。

一方、ZAR/JPYは運用を終了するタイミングを探っていました。
長期的には下がり続ける気がし、楽しむポイントも見つけられなかったZAR/JPY。
久しぶりに決済注文が成立したのを知った今朝の時点で運用状況を確認してみました。
  • 確定損益:48,780円
  • 評価損益:-35,500円
  • 総合損益:13,280円
いまなら総合損益がプラスの状態で運用を終了できる!
短期的にはもっと価格が上がる可能性が高いけれど、終わらせるならいまだ!

1分ほど考えてZAR/JPYの全決済を決断しました。
201209-1
トラリピ取消の操作をすると、全ポジションの成行注文が一瞬で成立(6.92円)。
あっという間にZAR/JPYの運用が終了しました(総合損益:12,980円で終了)。
あっけない。実にあっけない。
今後、トラリピ取消の操作をすることはしばらくない予定なので、貴重な経験ができました。

ZAR/JPYの必要資金40万円を解放できたので、設定追加予定表を更新。
201209-2
この感じだと、来年の前半にはNZD/USDのトラップ幅を半分にできそうです。
ZAR/JPYの評価損が反映されて、預託証拠金がいったん少し減ることになりますが。
201209-3
ZAR/JPYさん、これまでありがとう!