6円を超えてしまいそうなメキシコペソ/円がやはり気になります。

メキシコペソ/円の積極的運用にあてている資金100万円は、トラリピ全体の資金1,250万円の8%。
1月の実現損益は約18%がメキシコペソ/円の積極的運用によるものでしたので、稼ぎ頭となっています。
メキシコペソ/円が6円を超えて、運用が終了してしまうのは可能ならば避けたいです。

そんなときにはトラリピ運用試算表で確認。
これまでの実現損益約15万円を運用資金にあてることで、5.995~6.205円の22本を追加注文することはできるのでしょうか?

現在のロスカットレートは4.672円。
過去最安値の4.878円を下回っていますので、大きなリスクはとっていない運用になっています。
200208-100
これまでの実現損益約15万円で22本を追加注文した場合のロスカットレートは4.849円。
過去最安値を下回ってはいるものの、過去最安値を割る可能性がある新興国通貨でこの設定はつらい気がします。
200208-115
追加資金35万円を投入して22本を追加注文した場合のロスカットレートは4.677円。
現在と同程度のロスカットレートになっています。
200208-135
そっか~。
5.995~6.205円の22本を追加注文するには35万円の追加資金が必要なのか~。

実現損益が35万円を超えたとき、6円を超えそうな気配がまだある場合は22本を追加注文する予定です。

6円を超えそうな気配がなくなって、現在の設定のまま運用できるのが一番いいのですが……。