相場の動きが小さく、トラリピ的には厳しい状況が続いていますが、通貨というものの性質を考えると、それは健全な状態であるといえます。
通貨の価値が日々大きく変わってしまっては、経済活動に支障をきたします。
主要国同士の通貨ペアであれば、どちらかの通貨が一方的に大きく強くなるということは考えにくく、ある一定のレンジ内で価格が変動するだろうという安心感のもとトラリピで資産を運用しているので、相場の動きが小さい状況が続くことがあるのは仕方がないことだと思っています。
相場の動きを利益に変えさせてもらっているだけで、FX参加者を儲けさせるために相場が動いているわけではないのですから。

そんな安心感があっても、様々な要因で、ときに大きく動いてしまうのが為替。
しっかり注文を出しているので、相場が大きく動くと一気に含み損が膨らみます。

とはいうものの、ここまで相場の動きが小さいと、読みが外れたときには損切りをする前提で狭いレンジに密な注文を出したくなってしまいます。
でも、それはトラリピを利用した裁量トレードなので、私には難しそうです。

トラリピ的に面白くない状態がしばらく続きそうですが、ここは我慢我慢。