現在の有効証拠金は19,996,615円。
入金額は2,000万円なので、元本割れ金額は3,385円。
いま全決済すると、含み損がすべて実現損益に移動して、実現損益はほぼゼロになります。
これは、損も得もしていない、トラリピでの資産運用をはじめる前の状態に戻ったことを表しています。

現在の実現損益は1,389,390円。
合計損益がゼロでも282,255円の税金を納めなければならない点が、トラリピでの資産運用をはじめる前と異なります。
課税を免れるために全決済するという選択肢はありませんし、運用益に対して課税されるのは当然ではあるのですが、合計損益がゼロなのに約28万円を納税しなければならないというのはツライですね~。
実現損益は基本的に積み上がる一方で、含み損は増えたり減ったりするものなので、長く運用を続ければ、合計損益も積み上がるものではあるのですが。

納税金額が確定するこの年末、どういった相場になっているんでしょうねぇ。
合計損益が納税金額と同程度になってくれていると嬉しいのですが、コロナショックの第2波が来て含み損が1,000万円を超えることも覚悟しています。

含み損が1,000万円を超えたりすると、そのあとスゴク儲かっちゃうことが予想されるのでそれはそれで嬉しいのですが、まだまだ下がり続けることも当然あるので怖いだろうなぁ。